ひまわりの歌 発表
6月27日(水)


5時間目に、4年生の歌の発表がありました。


昨年、現4年生は、東日本大震災で被災された福島の方々を想って、ひまわりの種と「ひまわり」の歌を作って送りました。それを受け取ってくださったのが『福島ひまわり里親プロジェクト』の方々です。


今日はひまわりの種と歌のお礼に、福島からわざわざ立待小学校まで足を運んでくださいました。


そして「ぜひ生の歌を聴きたい」という嬉しいご希望があり、久々に4年生は「ひまわり」の歌を歌うことになりました。


まず、『福島ひまわり里親プロジェクト』の方から、今の福島の現状についてのお話を聞きました。


CIMG1447.jpg CIMG1449.jpg
CIMG1450.jpg 


放射能という目に見えない恐怖により、空気や水にも気を付けて生活しているという苦しい現状を改めて知りました。また、風評被害により、福島の産業がダメージを受けており、多くの人が働く場を失い困っているという話も聞きました。けれど皆、復興に向かって頑張っています。「逆境に立ち向かい、乗り越えたとき人は強くなれる」という言葉が今でも耳に残っています。ひまわり里親プロジェクトもそんな想いから生まれたのでしょうね(^^)関われたことを嬉しく思った子もいるのではないでしょうか。


また、昨年送ったひまわりの種の受け入れ先もわかり、子ども達の顔に笑みがこぼれました。


その後、歌を披露しました。

DSC_7988.jpg DSC_7991.jpg 


気持ちを込めて歌いました。福島まで、この歌声、この想い、届け-!


『福島ひまわり里親プロジェクト』の皆様、今日はいろいろお話になり、ありがとうございました。




ひまわり
 作詞 立待小学校21年度入学生(現4年生)
 作曲 一途


1 少しでもだれかの力になりたい
  ひまわりの花をさかせたい
  小さな種がつながっていて
  たくさんの小さな芽を出したよ


 ※風がふいても曲がっても
  雨がふっても立っている
  太陽に向かってのびてゆく
  黄色い大きなひまわりの花


2 秋になったら種がとれたよ
  みんなの気持ちがとどいたよ
  心の中にもさいたひまわり
  いつまでもずっとさき続けるよ


 ※(くりかえし)


  みんなが助け合えば心もつながる
  そんな日本が大好きだ
  100人の人が集まれば100こ以上の愛が集まるよ


 ※(くりかえし)


  心の中のひまわりの花
[2012/06/28 10:45] 4年生 | トラックバック(0) | コメント(0) | @
<<プール学習 | ホーム | 演劇鑑賞>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://tachimachi2012.blog.fc2.com/tb.php/97-ac15b02d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

検索フォーム

コンテンツ

リンク

QRコード

QR